asunaro工房の家づくり

p_vision00

100年もつ家を建てる

親から子へ、子から孫へ。
100年持つ家とは、3世代に渡って引き継がれる家のことだと考えてます。

世代が変わっても同じ家で大切に住んでもらえるような家づくりをasunaro工房は実現していきたいのです。

100年引き継がれる家には家族の思い出が積み重なり、時が経つにつれてかけがえのない場所となります。

asunaro工房へ依頼をしてくださったご家族が、私たちの建てた家で3世代に渡って思い出を重ねてくださるよう、まっすぐな誠意とご家族の未来を思いやる豊かな想像力をもって家づくりを担っていくことが私たちの役目です。

そして、長く愛される住宅となるよう、洗練されつつも飽きのこない普遍的なデザインを心がけ、構造体を魅せる工法によって家族構成が変わった際などの間取り変更にも柔軟に対応していきます。

親、子、孫。世代が変わっても引き継がれる家を作っていきたい。
代々、家族の思い出が刻まれていく家こそ、100年もつ家だと考えます。